バッテリーを長持ちさせるコツ

iPhoneを朝にフル充電したのに、午後にはバッテリーがなくなってしまう人も多いはず。ですがちょっと設定や使い方を工夫するだけで、バッテリーが今よりも長持ちするはずです。今回は、バッテリーの減りが早いiPhoneの電池消耗を節約するための設定を紹介します。

 
 

1. バッテリー残量をパーセンテージで表示する

「設定」→「バッテリー」→バッテリー残量(%)をオンにする。
もちろん、これだけではバッテリーの節約になりませんが、バッテリー残量を正確に把握できます。

2. アプリ別にバッテリーの使用状況を表示する

「設定」→「バッテリー」→画面を下へスクロールすると、「バッテリーの使用状況」を確認することができます。
「バッテリーの使用状況」に表示されているアプリの中には、「バックグラウンド処理」と表示されているものがあります。普段あまり起動してもいないのにバッテリーの使用率が高いアプリは、ほとんどがこのバックグラウンド処理が理由です。バックグラウンド処理は、データ通信が利用可能な時に自動でコンテンツを更新する機能です。使用頻度の低いアプリは自動更新をオフにするか、アンインストールしてしまいましょう。

バックグラウンド更新は「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」と進み、アプリごとにオン/オフすることが可能です。 

3. 位置情報サービスを無効にする

位置情報は「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオンにすると、位置情報サービスを利用しているアプリがリストで表示されます。
バックグラウンドで位置情報サービスを利用するアプリも、バッテリーを消費します。各アプリには「使用中のみ」「常に許可」「許可しない」の3つで表示されています。「常に許可」とあるものはバッテリーを多く消費しやすいので、できればこのアプリを「許可しない」または「使用中のみ」に切り替えておきましょう。

4. 不要な通知を無効にする

設定」→「通知」から、通知不要なアプリは全てオフにする。
不要な通知を無効にすることにより、ロック画面が表示される回数を減らし、バッテリーを節約できます。

5. 画面の明るさのこまめに調節する

「コントロールセンター(画面の下方からスワイプすると出るウィンド)」→「明るさ調節バー」で暗くする。
どのサイトでも書いていることで、地味な方法ですが、バックライトの明るさを暗くすることで、バッテリーの持ちをよくすることが期待できます。明るさだけではなく、音量や、着信設定を必要最低限にしたり、待機中に画面が立ち上がる頻度を下げることでバッテリーと処理速度を改善することを期待することが出来ます。


6. Wi-Fiを優先するシーンを判断する

「コントロールセンター(画面の下方からスワイプすると出るウィンド)」→「Wi-Fi」をタップ。
Wi-Fi接続は携帯電話のデータ通信よりも消費電力が低くなります。そのため、Wi-Fiが使えるところでは優先して利用しましょう。ただし、Wi-Fiが常時オンになっていると、利用可能なWi-Fiを探すためにバッテリーを無駄に消耗します。Wi-Fi接続ができない場所であれば、逆にオフにすることでバッテリーを節約できます。

7. 電波の弱い場所では機内モードを活用する

「コントロールセンター(画面の下方からスワイプすると出るウィンド)」→「機内モード」をオンにする。
圏外や電波の弱い/不安定な場所にいると、iPhoneがより強い信号を探すため、バッテリーを消耗するため、必要に応じて機内モードをオンにするのが有効でしょう。ただし、機内モード中は電話やネットワークなど電波を利用する機能がすべて使えなくなりますので注意が必要です。

8. 自動ダウンロードを無効にする

「設定」→「iTunes & App Store」→「自動ダウンロード」の項目をオフにする。
「自動ダウンロード」がオンになっていると、アプリのアップデートやダウンロードが自動で行われます。便利な機能ですが、外出時にバッテリーが消耗するのを防ぎたいなら、更新は手動でおこなうといいでしょう。 

9. 低電力モードを有効にする

「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオンにする。
iOS9以降に実装された「低電力モード」を有効にすると、通話やメール、メッセージ、インターネットアクセスなどの主要機能を最低限維持したまま、バッテリー駆動時間を長くすることが可能です。iPhoneのパフォーマンスは落ちますがバッテリー消費を抑えるなら有効でしょう。

10.高温に気を付ける

iPhoneは0°~35°Cの間であれば問題なく動くといわれていますが、夏場や冬場に外で利用される場合だと、設定温度内で使用することが意外と難しいのが現状です。バッテリーの調子が悪くなるのはこれが原因にあります。特に35°Cを超える場合、バッテリーを傷つけてしまい、駆動時間を減らしてしまうことが有ります。

11.iPhoneを再起動する

iPhoneもパソコンと同じくらいのスペックがあります。常に起動していることで処理速度が遅くなり、動作が悪くなっていることが有るため、一度電源を落とすことも効果的になります。

◆バッテリーを変えたほうがいい事例◆

①バッテリーの膨張が原因で、液晶部分が浮いてしまっている。

②バッテリー残量が約30%ほどで電源が急に落ちてしまう。

③異常に発熱したりする。

上記の症状が出ている場合は、バッテリーの寿命が来ている可能性が高いので、ぜひ一度お持ちください。

バッテリーの即日交換も行ってますのでお気軽にお問い合わせください!


◆店舗情報

ルーツコーポレーション外観

EarlySmart千葉船橋薬園台店
〒274-0077 千葉県船橋市薬円台6-1-1 薬園台駅ビル1Fルーツコーポレーション内
『薬園台駅』改札を出て右手の階段の下です。
営業時間:11:00~19:30
定休日:第1,3火曜・毎週水曜
TEL1:047-490-4607
TEL2:070-3969-0559
mail:info@earlysmart.main.jp
webhttp://earlysmart.main.jp

047-490-4607